フリーアコモデーション(フリアコ)とは?やること?メリットは?探し方は?

まとめ

ここでは、「フリーアコモデーション(フリアコ)ってなに?」などについての解説や「フリーアコモデーション(フリアコ)は何をするのか?」やフリーアコモデーション(フリアコ)のメリット・デメリット、そしてフリーアコモデーション(フリアコ)に合う人合わない人などを解説します。

フリーアコモデーション(フリアコ)とは?

フリーは無料。アコモデーションは施設。宿泊施設の業務の一部または全部を手伝う代わりに給与を得るのではなく、無償で宿泊したり施設の機器やサービスを無料で利用できる仕組みです。業務を手伝いますが、仕事というよりはボランティアに近いでしょう。

元々はバックパッカー文化で、海外では長く旅を続けたい人が宿泊施設おもにゲストハウスやホステルあるいはB&Bなどの業務を手伝う代わりに無賃宿泊できる仕組みを利用していました。

現在では国内の多くのゲストハウスやホステル、そして最近ではホテルや旅館などでもフリーアコモデーション(フリアコ)の仕組みを取り入れている施設も出てきました。

「ヤドグラシ」では国内の宿泊施設からの募集案件を広く掲載しています。

フリーアコモデーション(フリアコ)でやることは?

実際に「ヤドグラシ」に掲載している募集で「●やってほしいこと」に記載していることが、いわゆる業務内容(仕事)になります。

一番を多いのが「清掃」です。清掃といっても施設によってその内容はまちまちです。一日数時間のものから週に数回の場合や施設によって共同利用の水回りがあるかないかによっても清掃の量や内容がことなります。楽な業務ではないので心得ておきましょう。

続いて多いのが「ベッドメイキング」です。こちらもドミトリーなどの狭い中でのベッドメイキングは大変な作業です。

夜間待機あるいは宿直」の業務も多いです。具体的にはレイトチェックイン対応や戸締まり、緊急時の連絡などです。一定の時間以降は就寝可能な場合が多くハードな作業などが少ないのが一般的です。

そして「接客やゲスト対応」です。フロントでのチェックインやチェックアウト、施設や近隣の説明、あるいはコモンルームでのコミュニケーションも含まれる場合もあります。この業務に関しては英会話必須な場合が多いです。

その他、施設によりますが、農作業や買い物や施設のメンテナンスやイベント企画、調理など多岐にわたり、興味のある業務があると参加しやすいかもしれません。

フリーアコモデーション(フリアコ)で空いた時間は何してる?

業務をお手伝いする時間以外は自由な場合が多いです。自分の仕事をしたり、近隣の観光に行ったり、学習したり、ゲストとコミュニケーションしたり。

フリーアコモデーション(フリアコ)のメリット・デメリットは?

フリーアコモデーション(フリアコ)のメリット

生きてる限り、実家か刑務所にいないかぎりはだいたい家賃や宿泊費がかかりますよね。金銭的にその支払いがないというのはメリットかも知れません。

・家賃や宿泊費がかからない。

・ゲストハウスなど宿泊施設の運営などのノウハウを得られる。

・地方のゲストハウスに行けば、気軽に地方生活体験ができる。

・様々な地域(国内外)から旅人がやってくるので、友達を作りやすい。

・業務によっては英会話の実践ができ国際交流が可能。

フリーアコモデーション(フリアコ)のデメリット

・給与が出ない。

・履歴書の職務経歴には記載できない。

・滞在はドミトリーの場合がほとんどで、プライベートは自身が使えるベッドだけなので、そういった旅に慣れてる人以外は、慣れが必要です。

フリーアコモデーション(フリアコ)に向いてる人・向かない人は?

フリーアコモデーション(フリアコ)に向いてる人

 

清潔な人。これは必須になる場合が多いです。主な業務が清掃となりますし、プライベートな場所がドミトリーのベッドの上だけとなると清潔で整理整頓できないと不向きと言えます。また英会話ができるといいですし、学ぶ意欲があるとグーですね。さらにはコミュニケーション能力がある人も重宝されます。スタッフ同士のコミュニケーションもありますし、ゲストとのコミュニケーションが必要な場合もあります。

・将来ゲストハウスやホステルの経営をしたい人や働きたい人。

・家賃などの出費を減らしたい人、なくしたい人。

・多拠点生活をしたい人、してる人。

・フラッシュパッカーやノマド、フリーランス、テレワークしてる人。

・アドレスホッパーの方。

・将来地方生活を希望していて拠点を探している人。

フリーアコモデーション(フリアコ)に向いてない人

・清掃が苦手な方。

・共同生活が苦手な方。

フリーアコモデーション(フリアコ)の探し方は?

当サイト「ヤドブラシ」をぜひご利用ください。

 

最新情報を
タップするだけで受け取ろう!

タイトルとURLをコピーしました